個人契約で家庭教師をするメリットとデメリットは?

家庭教師の個人契約の特徴とメリットデメリットを紹介

白い壁の上に座る男性の家庭教師

家庭教師の個人契約とは

家庭教師の個人契約は家庭教師会社を介さずに家庭教師と雇う家庭が直接契約をする形式の家庭教師契約のことを指します。個人契約で家庭教師を始める場合はまずは生徒を募集しなくてはいけません。

ですが今は生徒を見つける為の個人契約専用インターネットサイトが存在します。そのサイトを活用する、もしくは友人や知人を経由して生徒を紹介してもらいます。

サイトを活用する場合は勤務地、時給といった条件に合う求人案件を探して、その家庭と直接連絡を取り面談をして問題なければ契約書を交わして仕事スタートという流れが一般的です。

口頭で契約をするのも有効ですが、後でトラブルになる恐れがあるので契約書をきちんと交わす必要があります。

個人契約のメリット

家庭教師を個人契約でするメリットは高い時給を得られる点です。直接契約することにより、家庭教師会社に支払われるマージンが必要ない分家庭教師会社に登録して家庭教師の契約するのと比較し高い時給で契約をすることが出来るのが魅力です。

さらに家庭教師会社に登録した場合は家庭教師会社にレポートを提出したり、登録後に家庭教師会社と面談を行う分生徒への指導の他にもいろいろ時間を取られてしまいます。

ですが個人契約だと家庭教師会社へのレポート、面談が必要ない分時間を有効に活用することが可能です。

個人契約のデメリット

家庭教師の仕事を個人契約でするデメリットは生徒を見つけるのが難しい点です。他にも生徒に対して責任があるので長期の休み、すぐに辞めることが出来ません。

さらに生徒への指導方法などの家庭教師会社からのサポートが受けられない点を挙げられます。インターネットを活用すれば個人契約での家庭教師を募集している人は多いのですが条件に合った生徒を探すのは大変です。

家庭教師会社に登録した場合は会社が家庭教師と生徒のマッチングをしてくれるから家庭教師会社への信頼と情報網でスムーズに生徒が見つかります。

あと万が一トラブルが起こった場合に家庭教師会社のサポートがないので初めて家庭教師をする人には個人契約はハードルが高いと言えます。